わざわざ行く価値あり!【鶴来】あさひ屋ベーカリーの魅力徹底レビュー

パンが好きだから金沢のパン屋巡りしているけど、鶴来のあさひ屋ベーカリーは名前は知っていても、まだ行ってないという方はいませんか?

金沢近郊の色々なパン屋さんを巡って、たくさんのパンたちに出会うと、どれもこれも美味しいから満足してしまいますよね。

でも、衝撃を受けるほどのパンに出会えましたか??

鶴来のあさひ屋ベーカリーさんのパンを食べたら、きっとその美味しさに驚いて、病みつきになること間違いありません。

数あるパン屋の中で、なぜあさひ屋ベーカリーをそこまでおすすめするのか、その魅力をたっぷりご紹介していきます。

 

◆合わせて行きたい鶴来の観光スポットもご紹介してます。(↓)

【金沢おすすめ観光スポット】鶴来が何回も行きたくなる5つの魅力

2019年8月28日

◆石川のパン屋さんを他にもご紹介しています。↓↓↓

はたなか・みきお|人気の秘密は70種類というパンの豊富さ

2019年10月21日

【金沢パン屋】『Lean(リーン)』オープン!東京で洗練されたパンが八日市で買える

2019年10月15日

野々市で新出製パン所の食パンが買える!『honey grow(ハニーグロウ)』オープン

2019年10月6日

 

 

 

 

1. 落ち着いた雰囲気の店内でイートインも楽しめる

まずは、早速お店を見てみましょう。

小道には可愛らしいお花が植えられていて、建物もおしゃれな佇まい。

木に隠れて見えませんが、看板も食パンの形をしていて可愛いんです。

 

店内に入ってみます。

入った途端に、パンのいい香りに包まれて、幸せな気持ちになります🎵

所狭しと置かれている、あさひ屋ベーカリーで1番人気の蒸しパンたち。

常時約15種類ほどあって、どれも美味しそうで迷います。

 

隙間なく置かれているパンのみなさま。

キッシュ、あんぱん、クロワッサン、メロンパンなどの定番パンから、パンオショコラやガーリックフランスなどなど、どれもこれも美味しそうです。

子育てママ
どれも美味しそうで全部食べたくなる!

 

レジ前の冷蔵コーナーにもびっしりとパンが置かれています。

 

生クリームを使ったものや、サンドイッチもボリューム満点。

甘いものからランチ用まで、幅広いラインナップ!

 

もちろん、アンパンマンもいます。

ちゃんと中身があんこです。

 

常時約100種類のパンが置いてあるそうです。

子育てママ
そんなにたくさん作ってるの?!すごいですね!

 

こあがりのイートインスペースで食べることができる

パンを買ったら、お店の奥のイートインスペースで食べることもできます。

参考:あすかりんさんの投稿/食べログ

 

薪ストーブがあったり、本棚があったり、ほっとしますよね。

 

飲み物も充実してます

珈琲などのカフェメニューや、冷蔵コーナーには紙パックやペットボトルのお茶屋ジュースも売られています。

 

サービスで、ルイボスティーも置いてあります。

子育てママ
ルイボスティーはノンカフェインなので、小さなお子様でも飲めますね!
あーな
小さなお子様連れの方も、たくさん来てますよ。

 

お店の基本情報

住所:石川県白山市鶴来本町1-ワ-59

営業時間:8:00~18:00

定休日:日曜、月曜、不定休(SNSで告知)

駐車場:あり(3台ほど)

 

 

 

2. 季節感と魅力あふれるパンたち

お店をご紹介した後は、魅力あふれるパンたちを一部ご紹介したいと思います。

実際お店に行った時の、参考にしてみてください。

好みが偏ってしまっていると思いますので、ご自身の好きなパンをぜひ見つけてください。

 

人気No1は蒸しパン

お年寄りにも、小さな子供にも大人気の蒸しパン。

うどん粉を使っているので、モチモチしてます。

 

初めて食べる時は、プレーンから食べるのがおすすめです。

びっくりするくらいモッチモチです。

かぼちゃ、ミルクティー、ごまごま、まっくろくろすけ、イチジクくるみ、よもぎ・・・種類はたくさんあります。

色々食べ比べてみてください。

うちの子は、卵・乳アレルギーがあるので、プレーンの蒸しパンをいつも美味しいと言って、バクバク食べてます。

 

 

デニッシュは宝石みたい

果物ゴロゴロのデニッシュは、季節によって果物が違うので、行くたびにどんなデニッシュがあるか楽しみになります。

 

参考:body pit kyotoさんの投稿/食べログ

 

いちごのデニッシュは、少しだけあんこが入ってます。

ピンクグレープフルーツのデニッシュも、カスタードが少し入ってます。

酸味のある果物のデニッシュは、酸味と甘みのバランスが絶妙です。

 

秋には、イチジクや栗もお目見え。

個人的に、このイチジクのデニッシュがおすすめです。

ジューシーなイチジクの美味しさが、デニッシュにすることで、引き立っていると思います。

 

 

ハード系も裏切らない美味しさ

ハード系のパンは、外はパリッと、中はフワモチっとしてて、食べ応え抜群です。

 

あんぱん、くるみぱん、ベーコンエビ。

ベーコンエピは、外がカリパリ、中がモチフワ。

 

ピザマルゲリータ

チーズの塩味とトマトの酸味がバッチリで、何回も食べたくなるマルゲリータ。

焼きたては最高に美味しいです。

 

生クリーム入りあんデニッシュ

冷たくても生クリームがとろとろで、甘さ控えめだから、もう1個食べたくなります。

 

豆腐ハンバーグのサンドイッチ、ベイクドチーズタルト、スイートポテト

豆腐ハンバーグサンドは、ひじきとにんじんのラぺが入ってて、ボリューム満点なのに、重くない。

 

食パンもおすすめ

食パンも、多数種類があって、どれも美味しいです。

モッチリ食感に衝撃を受けます。

ホテルブレッドを初めて食べた時、そのモチモチ感に衝撃を受けました。

ほのかな甘みと、モチモチ感に、トーストして食べた瞬間、『パンて最高!』と思わせてくれます。

 

くるみ食パンは、くるみ好きにはたまりません。

 

店主の大石さんの一押しは、雑穀食パンらしいです。

 

雑穀食パン

雑穀食パンは、18種類の雑穀(麦芽粉、オーツ麦フレーク、ひまわり種、大豆フレーク、亜麻仁、小麦ふすま、オーツ麦ふすま、挽き割トウモロコシ、ゴマなど)が入っていて、食物繊維が多く、ミネラルもたっぷりです。

食パンだけでも、あさひ屋ベーカリーの素晴らしさを感じることができます。

 

お店のパンは約100種類もありますので、ここでは紹介しきれません!

ぜひ圧倒的なパンの豊富さと、その美味しさを体験してみてください。

 

子育てママ
もう食べたくてたまらない!
あーな
しかも、パンの単価が安いからたくさん買っちゃいます!

 

 

 

3. 研究熱心な店主がこだわる材料と天然酵母

なぜここまで美味しいパンを作れるのでしょうか。

それは、店主である大石さんが、研究熱心で、勉強家だからだと思います。

 

店主大石旭さんを紹介している記事

・2008年のインタビュー記事

「石川発!お店探訪記」 あさひ屋ベーカリー (白山市鶴来本町)自然の恵みに丹精込め、鶴来の風土を醸すパン

 

・2011年のインタビュー記事

おさらの上にはいつもパン

これらの記事を読むと、店主の大石さんがいかに努力して、今のパンに仕上げたのか、よくわかります。

実は、鶴来に店を構えているけど、店主の大石さん自身は神戸出身!

しかも、実家は電器店で、大石さん自身も電気工事会社で働いていた!

子育てママ
そんな方が、なぜ鶴来で美味しいパン屋さんを開くことになったのかしら??

 

大石さんが鶴来でパン屋を開店したワケ

◆大石さんの転機①

大学時代に、先輩の誘いで白山の室堂の山小屋でアルバイトをしていた。

 

子育てママ
神戸出身の大石さんが、白山に魅力を感じたのは、学生時代なんですね。

 

その頃から、鶴来の町並みも気に入っていたようですから、よほど白山が好きなんですね。

 

◆大石さんの転機②

アリスファームキッチン』でアルバイトをしたのが、パン作りが面白いと気づいたきっかけ。

山小屋のアルバイトを誘ってくれた先輩がパン好きで、いつも買いに行ってたのが、アリスファームキッチンだったそうです。

 

アリスファームキッチン

フランスにも足を運んで研究し、おいしさを模索し続けるオーナーの内藤さんが、26年前から営むお店。保存料や化学添加物なしの生地で作る、体にやさしいパンが揃う。

出典:金沢まちのパン屋さん。P.54

 

働いていて、パンを作る楽しさに加え、『発酵』の面白さにも気づいたそうです。

大工さんから方向転換して、パン屋さんになると決めたくらいですから、よほどパン作りと発酵に魅力を感じたんですね!

 

◆大石さんの転機③

メゾンカイザー』の液体酵母と出会う。

東京のメゾンカイザーで、ルヴァンリキッド(液体酵母)に出会って、それから猛勉強したそうです。

天然酵母の配合を始めてから、パンの美味しさが変わってきたとおっしゃっているので、きっとかなりの時間をかけて試行錯誤していたんだろうなと思います。

あさひ屋ベーカリーのパンは、干しブドウから抽出した酵母菌を発酵させてできた天然酵母を使用してるようです。

大石さんのすごいところは、天然酵母にこだわりすぎず、イーストも天然酵母もそれぞれの良さを活かして使い分けているところです。

 

あーな
だからパンによって持ち味が違ってるのも納得です。

 

大石さんのこだわりは素材にも

国産小麦にこだわるだけでなく、5種類もの国産小麦を使い分けている大石さん。

地元産の食材を使っていることも、こだわりを感じます。

主な食材の産地
  • 小麦粉・・・北海道産
  • 蒸しパンの小麦粉(うどん用中力粉)・・・熊本産
  • 蒸しパン用砂糖(てんさい糖)・・・十勝産
  • 牛乳(パスチャライズ牛乳)・・・小松市丸七牧場
  • さつまいも(五郎島金時)・・・金沢市
  • りんご・・・金沢市つつじが丘
  • 野菜・・・白山市六星生産組合

地元のものもあれば、こだわって北海道から取り寄せてるものまで、自分が納得できる素材を使っているのが感じられます。

砂糖は、フィリピンのネグロス島で生産されているマスコバド糖。

ミネラルが豊富で、健康にいいから使っているそう。

子育てママ
買った人の健康まで気遣ってくれてる!

 

お店の店主大石さんが、お客様のことを考えてパンを作っていることが、よくわかります。

あーな
大石さんを知ることで、より一層あさひ屋ベーカリーのパンに愛着がわいてくる気がしますよね。

 

パンを買いに行くと、お店の奥で、たくさんの従業員の方々に交じって、一生懸命パンを作っている大石さんの背中が見えるので、心の中で応援したくなります。

 

 

まとめ|美味しいだけじゃないあさひ屋ベーカリー

ほとんど客足が絶えないあさひ屋ベーカリーさん。

様々な試行錯誤や苦労、こだわりがあったからこそ、これだけ美味しいパンができたんですね。

 

あさひ屋ベーカリーの魅力まとめ
  1. カントリー調で落ち着いた雰囲気のお店にイートインスペースまである。
  2. 鶴来観光のついでや、お参り、スキー・登山の帰りなど寄れる機会が多い。
  3. 約100種類のパンが並ぶ、パンの豊富さ。
  4. 衝撃を感じるほどのおいしさ。
  5. 季節を味わうことができる。
  6. 自家製天然酵母で、モッチモチ食感。
  7. 素材にこだわっている。
  8. 健康を気遣ってくれている。
  9. パンの単価が安い!
  10. また食べたくなる美味しさ

あ、おいしさ2回出てきてる。

それだけ美味しいということです。。

1度食べてみると、リピーターが多い理由がわかります。

ぜひ、このモチモチの美味しいパンを食べに鶴来へ行ってみてください。

きっと自分の好きなパンに出会えると思います。

 

合わせて行きたい鶴来の観光スポットもご紹介してます。(↓)

【金沢おすすめ観光スポット】鶴来が何回も行きたくなる5つの魅力

2019年8月28日

 

◆石川のパン屋さんを他にもご紹介しています。↓↓↓

はたなか・みきお|人気の秘密は70種類というパンの豊富さ

2019年10月21日

【金沢パン屋】『Lean(リーン)』オープン!東京で洗練されたパンが八日市で買える

2019年10月15日

野々市で新出製パン所の食パンが買える!『honey grow(ハニーグロウ)』オープン

2019年10月6日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です