食洗機の引越しはどうする?失敗しないためにやるべき4つのこと

引越しをするときに、据え置き型食洗機がある場合の注意点は?

子育てママ
食洗機の引越しってなんだか面倒そう…
こんな疑問を解決します
  • 引越し先選びの注意点は?
  • 分岐水栓はどうすればいいの?
  • 業者手配はどうする?
  • 水抜きって必要なの?

昨年パナソニックの据え置き型食洗機を購入した我が家は、今年食洗機を買ってから初めて引越しをしました。

実際に食洗機を引越しさせた経験談と合わせて、食洗機の引越しにおける注意点をまとめました。

ネックになるのは分岐水栓なので、転勤などで引越しを控えている方はチェックしておくと安心ですよ。

 

 

食洗機の引越しでやるべき4つのこと

転勤などで引越しが決まると、バタバタと引越し先を探して、あっという間に引越し日なんていうことがあります。

ただ、「急いで引越したら、食洗機が使えない物件だった!」なんていう大失敗は避けたいところですよね。

あーな
もう食洗機なしでは生きていけないので、そんなことになったら絶望します…

据え置き型食洗機と一緒に引越しをするときに、やるべきことは4つです。

 

①不動産会社(大家)へ食洗機を使うことを伝える

まずは、物件を契約する前に確認しておくべきことがあります。

 

物件探しで確認すべきこと

その物件が食洗機使用可能な物件かどうか

食洗機を設置するということは、水栓に分岐水栓を取付る工事をします。

さらに、退去するときには現状復元工事も行うわけです。

そうなると、物件のオーナーによっては食洗機NGとしていたり、許可が必要だったりする場合があります。

念のため、不動産会社やオーナーさんに確認するようにしてください。

 

我が家の場合は、内覧の時点で食洗機を設置する旨を不動産会社の担当さんへ伝えました。

あーな
世帯数の多い物件で、他にも食洗機を使っている部屋があるということだったので、スムーズに話を進められましたよ。

 

②入居予定物件の設置場所を確認

候補となる物件を見るときには、キッチンの食洗機置き場の検討が必要です。

現状と同じ置き方が可能か、別の設置方法なら設置台の用意が必要か、判断が必要になります。

 

そのために、内覧の際は忘れずに食洗機置き場確認グッズを持っていきましょう。

確認するときのアイテム
  • 食洗機のサイズ、設置台のサイズを書いたメモ
  • メジャー

不動産会社へ行くときは、物件の間取りや周辺環境などに意識がどうしても行ってしまうので、食洗機のことも忘れないようにしてくださいね。

 

③水栓の型番を確認

できるなら内覧の時点で、水栓の型番を確認するのがベストです。

なぜなら、分岐水栓が取り付けられない水栓が存在するから。

 

物件を契約したしばらく後に、水栓が分岐水栓対応ではないことに気づいたのでは後の祭り。

 

内覧時点・契約前にできるだけ水栓の型番から分岐水栓が取付可能か確認するのをおすすめします。

水栓の型番はだいたい水栓の根元にシールが貼られている場合が多いです。

 

分岐水栓の検索サイト

分岐水栓の検索

水栓の型番から分岐水栓の型番を調べることができます。

 

④取外し・取付は引越し業者にお任せが安心

食洗機の取付や取り外しを請け負っている業者は、なかなか検索でヒットしません。

自分でやるのは、水漏れが発生してしまう可能性があるため、できれば避けたいところ。

そこでおすすめなのは、食洗機の取外し・取付も一緒にやってくれる引越し業者に任せてしまうこと。

 

メリット
  • 自分で業者を手配しなくて済む
  • 引越し業者が提携しているプロの業者なので安心
  • 引越し全般を1社に任せられるので楽

 

大手の引越し業者を自分で調べてみた範囲では、4社が食洗機の取外し・取付サービスに対応していました。

 

いずれも有料オプションとなりますが、自分で専門業社を手配するより格段に楽です。

 

あーな
我が家はアート引越センターにお世話になりましたが、連絡も作業もスムーズでしたよ。

「分岐水栓の到着まで1週間程度かかるから、早めに水栓の型番を確認した方がいいですよ」とのアドバイスをしてくれたり、手配してくれた業者の方も丁寧な対応で、評価が上がりました。

 

食洗機の引越しで見えた注意すべきポイント

実際に食洗機と一緒に引越してみて、気づいた注意すべきポイントを改めてまとめます。

早めに注意点を確認することで、適切に対処できることもあります。

物件が決まった後でも、今一度見落としがないか確認してみてください。

 

分岐水栓は早めに手配

「分岐水栓はほとんどの場合、引越し先の水栓には合わない。」

業者さんは口をそろえてこうおっしゃいます。

 

そうなると分岐水栓の手配が必要になりますが、手元に届くまでだいたい1週間以上はかかります。(業者によります)

そのため、引越し後早めに食洗機を使いたいのであれば、引越し前に分岐水栓を手配しておくのがおすすめです。

 

新しい物件に入居してからの手配だと、1週間以上食洗機を使えず、手洗いになってしまいます。

子育てママ
ただでさえ荷ほどきや片付けなどでヘトヘトなのに、普段やっていなかった食器洗いまであると余計に疲れを感じそう。

 

我が家は、引越し日の1週間前に水栓の型番を確認して、引越し業社経由で分岐水栓を手配。

それでも、分岐水栓の型番確認に手間取り、業者との日程が合わず、引越してから5日後に取付工事となりました。

できるだけ早く水栓の型番を伝えて、手配してもらいましょう。

 

設置場所の確保

一度設置を経験していると、置けるかどうかの判断がある程度できるようになります。

もしこれまでの設置方法と異なる置き方になる場合、直置きができないなら新しい設置台が必要になります。

引越し先ですぐ使えるように、早めに設置台も準備しましょうね。

 

ちなみに、我が家はこれまでと同じシンク横に置くことで、設置台もそのまま使えました。

◆おすすめの食洗機台は「高さが調整できる食洗機台おすすめ3選!これで設置問題を解消できる」でご紹介しています。

高さが調整できる食洗機台おすすめ3選!これで設置問題を解消できる

2019年10月10日

 

見落としがちな電源の確保

食洗機を使う上で忘れてならないのが、食洗機用の電源です。

 

キッチンのシンクや調理台周りにコンセントがない場合があります。

そうなると壁を這わせて、延長コードを使って電源を確保したり、意外に電源が1番ネックになることもあります。

設置場所を検討する際には、電源も必ず視野に入れて検討しましょう。

 

取外し前に水抜きをする

食洗機の庫内には、残さいフィルターの目詰まりで水が残ってしまったりすることがあります。

引越しで水抜きをせずに、移動させてしまうと、水漏れの原因になりかねません。

 

乾燥運転をさせるだけで、水抜きはできるので、取外し前にやっておきましょう。

 

まとめ|食洗機の引越しは早めの確認が必須

高額な食洗機を思い切って買ったのに、引越し先で食洗機が使えるかどうか、不安になってしまいますよね。

 

今回は、引越しの時に食洗機についてやるべきことを4つご紹介しました。

食洗機の引越しでやるべきこと
  • 不動産会社(オーナー)へ食洗機を使うことを伝える
  • 入居先の食洗機設置場所の確認
  • 水栓の型番確認
  • 取外し・取付は引越し業社へお任せ

多少面倒でも、食洗機が使えなくなるよりマシだと思えば乗り切れます。

 

また、食洗機の引越しでの注意ポイントをおさらいしましょう。

  • 分岐水栓は早めに手配
  • 設置場所の確保
  • 電源の確保
  • 水抜きしておく

 

引越しても食洗機が使えるように、しっかり準備と確認をして、気持ちよく新たな生活をスタートさせましょうね。

 

◆食洗機用洗剤のおすすめをご紹介しています。

食洗機の洗剤をタイプ別に徹底比較!結局クリスタが1番おすすめ

食洗機の洗剤をタイプ別に徹底比較!結局クリスタが1番おすすめ

2019年12月28日

 

◆Amazonでよく買い物をするならプライム会員の特典が盛り沢山でおすすめです。

アマゾンプライムは子育てママにメリットだらけ!お得な特典は?

アマゾンプライムは子育てママにメリットだらけ!お得な特典は?

2020年3月14日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です