LOTUSLIFE(ロータスライフ)ひも通し|1歳からおすすめの知育おもちゃ

ひも通しっていろんな種類があるけど、どれがいいのか分からないと迷っていませんか?

 

子育てママ
可愛らしいものや、数が多いものまで、たくさんあって迷うなぁ。

 

手先を器用に使うことは、知育に良いとされています。

ひも通しは、1歳からでもできるのでおすすめです。

 

そこで、我が家が実際に購入して、1歳半の娘が夢中になって遊んだ『LOTUSLIFE(ロータスライフ)のひも通し』をご紹介します。

 

 

 

 

LOTUSLIFE(ロータスライフ)のひも通しってどんなおもちゃ?

紐通しのことは、みなさんよくご存知だと思います。

ただ、LOTUSLIFE(トータスライフ)という名前は、聞いたことがないかもしれません。

 

実は、LOTUSLIFE(ロータスライフ)は知育玩具で大人気の「GESTAR(ジズター」や「Waqubeads(ワクビーズ)」で有名な会社です。

 

 

 

子育てママ
この木の形してるやつ見たことある!

 

知育玩具で定評のある会社のひもとおしだと、なんだか安心して遊べそうですよね。

 

箱を開けると、思わず可愛い!と言ってしまうような、コロンとした丸っこいフォルムで、色とりどりのフルーツの形をしているひも通しです。

 

ひも通しだけではなく、ハリネズミの形をした穴の開いたパネルもセットで入っています。

そのハリネズミで、縫いさしもできるのがおすすめポイントです。

 

パーツが多いですが、収納できる袋もセットに入っているので、お片づけも楽にできます。

 

※紐には初めビーズはついていません。やりやすいように自分で結びつけました。

※2年前に購入したので、袋の形状は以前のものです。現在は、リュック型のようです。

 

 

 

 

LOTUSLIFE(ロータスライフ)のひも通しの特徴

LOTUSLIFE(ロータスライフ)のひもとおしは、4つのことにこだわって作られています。

 

  1. 木製である
  2. 職人が一つ一つ手作りしている
  3. カラフルなフルーツのデザイン
  4. 子供に最適なサイズ

 

 

手触りのいい木製

幼児期は、手や口の「触覚」でどんなものか確かめながら認識して、成長します。

「触る」ことは、敏感期にとても大切なことです。

そのため、木のおもちゃが人気ですよね。

 

LOTUSLIFE(ロータスライフ)のひも通しは、木製なので、木の温もりを感じることができます。

 

子育てママ
五感を刺激して、遊べるおもちゃは重宝しそう!

 

職人が丁寧に作っている

パーツが結構多いのに、一つ一つ手作りされているそうです。

しかも、手にトゲなどが刺さったりしないよう、一個一個研磨しているため、安心して遊べます。

 

子育てママ
職人さんの手作りなら丁寧に作られてそう。

 

木のトゲって、幼児の柔らかい指に刺さったら、なかなか取れなさそうなので、こういった点では安心感がありますね。

 

 

カラフルなフルーツのデザイン

LOTUSLIFEの紐通しは、フルーツの形をしていて、カラフルな色合いが特徴的です。

カラフルにデザインされているので、色を意識して遊びの幅を広げることができます。

 

「黄色いパーツだけで作ってみよう。」

「色がグラデーションになるように作ってみよう。」

 

このように色を意識して、様々なパターンを作ってみようという意欲もわきます。

遊んでいるうちに、色彩感覚を養えるところがいいですよね。

 

 

子供の手にぴったりのサイズ感

LOTUSLIFE(ロータスライフ)の紐通しのパーツは、大きすぎず、小さすぎず、小さな子供の手にぴったりのサイズ感です。

 

我が家では、1歳半から遊んでみてますが、ちょうどいい大きさなので、あまり落とさずに集中して遊べています。

 

注意
LOTUSLIFE(ロータスライフ)のひも通しは、対象年齢が7歳以上となっています。

対象年齢より小さいお子様に遊ばせる場合は、誤飲しないよう、必ず保護者が付き添って遊んでください。

 

子育てママ
下の子が小さいうちは、出してこないようにしないと危ないですね。

我が家では、下の子がまだ小さかった頃は、下の子がお昼寝をしてる時だけ遊んでいいというルールで上の子に遊ばせていました。

 

まん丸のパーツもたくさんあって、転がりやすいので、遊ぶときは空き箱に入れて遊んでいます。

 

 

 

LOTUSLIFE(ロータスライフ)のひも通しの遊び方

1歳半の娘でも、こんな小さな穴に紐を通せるのか、半信半疑でしたが、楽しそうに遊べました。

 

小さなパーツでも、子供の手にちょうどよく収まって、うまく通すことができています。

紐の先端についている木製の針が、ちょうど良い太さなので、すんなり通していました。

 

つかみにくそうな形のパーツでも、可愛いフルーツの形をしているので、一生懸命つかんで、集中して穴に通していました。

自分が通したパーツが、どんどん長くなっていくのを見て、満足そうにしていたのが印象的です。

 

LOTUSLIFEのひも通しで遊ぶとこんないいことがありました
  • 集中力がつく
  • 色彩感覚が身につく
  • 達成感を味わえる
  • 手先をよく使う

 

様々な遊び方ができる

ひも通しだけではなく、何通りもの遊び方ができるのも、LOTUSLIFE(ロータスライフ)の紐通しの魅力です。

  • 紐通し
  • おままごと
  • 縫いさし

 

パーツの形が、フルーツやきのこなどの食べ物なので、おままごとに使うことができます。

特に、女の子が好きそうな色味なので、喜んでおままごと遊びができそうです。

 

縫いさしができるようになれば、より立体的な感覚を養うことができます。

 

表と裏の違いを認識する必要があるので、1歳半では結構難しいです。

 

2歳、3歳と年齢が上がるにつれて、縫いさしの仕上がりがレベルアップしていくと思います。

難易度の違う遊び方ができるので、長い期間遊べるのは、魅力的ですね。

 

 

 

まとめ|ひも通しから遊びが広がる

LOTUSLIFE(ロータスライフ)の紐通しは、手作りにはない良さが散りばめられています。

 

LOTUSLIFE(ロータスライフ)ひもとおしのおすすめポイント
  • カラフルで可愛らしいフルーツのデザイン
  • 職人手作りの木製おもちゃ
  • 遊び方が複数ある

 

100均で材料買ってひも通しを手作りする時間が無いという方でも、比較的手頃に買える紐通しです。

1歳半の娘が、これからどんな遊び方をするのか楽しみです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です