すまいるぜみの幼児コース!3歳の女の子が夢中になる5つの理由

すまいるぜみのタブレット学習ってどうなんだろう?

幼児向けの学習教材を探していると、タブレット学習で楽しく学べるジャストシステムの『すまいるぜみ』が気になりますよね。

 

子育てママ
タブレット学習って最近増えてきてるから興味ある!
あーな
うちも『こどもちゃれんじ』のDVDを見なくなってしまって、すまいるぜみに切り替えました

 

実は、すまいるぜみは小学生コースに定評があるので、幼児コースから始めれば基礎学力が身につきます。

 

  • 学力が上がったと回答した会員→92.4%
  • 漢検合格率→95.7%
  • イードアワード「通信教育」2017・2018 小学生タブレット2年連続最優秀賞

 

実際に、我が家のもうすぐ年中になる娘も、すまいるぜみの幼児コースを始めたら、毎日楽しく欠かさず学習できています。

この記事では、そんな3歳の娘が毎日夢中になる『すまいるぜみの魅力』を娘目線と親目線の両方から徹底解説します。

 

この記事はこんな方におすすめです
  • スマイルゼミを始めようか迷っている
  • スマイルゼミを実際に使ってみた感想・口コミを知りたい
  • スマイルゼミの学習内容を知りたい
  • タブレットの使用感を知りたい

こちらの記事と合わせて、資料請求してみると、実際のタブレット画面の写真が多く掲載されているので、学習内容を詳しく知ることができますよ。

 

\資料請求はこちら!/

 

 

1. 3歳児が夢中になる『すまいるぜみ幼児コース』の魅力は5つ!

早生まれの長女は、3歳11ヶ月からすまいるぜみを始めました。

タブレットが自宅に到着してから、1日も欠かさずに毎日学習しています。

それも、「自分から喜んで」!

 

出典:youtube公式チャンネル

動画でも分かるとおり、すまいるぜみにはタブレットだからこその魅力がたっぷりです。

 

長女がすまいるぜみに夢中になっているポイントは大きく5つあります。

 

  1. すまいるぜみはゲームだと思い込んでいる
  2. いろんな教科があって楽しい
  3. コレクションカードやマイキャラの着せ替えが楽しい!
  4. 1人でもできる!
  5. 自分専用のタブレットが嬉しい

 

ゲーム感覚で学習できる

タブレットを使っているということもあり、ゲーム機だと思っているのではないかと心配になるほど楽しく学習しています。

学習内容も、画面に動きがあるので、面白くて次もやりたくなります。

タブレットだからできる動きのある学習
  • 『数』の学習だと、本の数を数えるときにタッチすると、閉じていた本が開いたりする
  • タッチぺんでなぞった線を動物がたどって歩いてくる。

 

出典:公式HP

 

道をタッチぺんでなぞる時も、「壁にぶつからないようにしよう」など注意やポイントを声がけしてくれます。

そうすると、ぶつからないようにゆっくり線を書いています。

あーな
タブレットの声がけがあると、すごい集中力が増してます。

 

これまで市販のプリントやちょっとした学習をやっても、なかなかママからの声かけに耳を傾けない子供だったとしても、タブレットからの声がけだと意外に従順。

 

また、問題に正解するとパッと赤い○が表示される自動丸つけ機能が、単純ですが嬉しくてまた次に進みたくなる気持ちにさせてくれます。

 

ダンジョンをクリアすると、次のステージに進めるゲームと同じ感覚で、学習も進めることができるのが、タブレット学習の強み。

 

うちの長女はそれが、楽しく続けられている要因になっています。

 

いろんな教科があって楽しい

すまいるぜみ幼児向け講座の年少コースでは、全8分野のカリキュラムを受講することができます。

 

  1. ひらがな
  2. ことば
  3. えいご
  4. ちえ
  5. かず
  6. かたち
  7. せいかつ
  8. しぜん

 

「ひらがな」のしりとりをした後に、「ちえ」で間違い探しをしたり、交通安全の学習をしたりできるので、飽きることがありません。

 

出典:公式HP

出典:公式HP

 

ひらがなの書き取りは、動く赤い丸が書き順を教えてくれます。

「スー、ピタっ」と、伸ばすところや「とめ」の部分を音声でサポートしてくれて、タブレットの良さを最大限に活かしています。

 

うちの長女は、ドリルなどで書き取りをしても、自分の好きな書き順で書きたがるタイプだったのですが、すまいるぜみにしたら素直に書き順に従って一生懸命丁寧に書いてます。

 

『今日のミッション』として1日3講座ペースが基本ですが、もっとやりたければ、同じ講座で違う問題もできます。

お子様のやる気が続く限り、繰り返し学習・反復学習ができるんです。

 

補足ポイント
長時間タブレットをみないように、使用時間制限機能があります。後から時間を変更することが可能です。

 

マイキャラの着せ替えやデコが楽しい

『今日のミッション』(3講座)をクリアすると、親に「今日のできた」(今日やった内容や答えの様子)を一緒に確認します。

そして、確認したことを記録すると、ごほうびがもらえるんです!

カード選びやルーレットなどで「コレクションカード」「着せ替えパーツ」のいずれかが当たります。

「コレクションカード」は全部集めたくなるし、「着せ替えパーツ」はマイキャラを設定する際に、自分オリジナルの着せ替えを楽しむことができるんです。

 

この長女が作ったマイキャラの女の子が着ている着物や、足元にある馬車などがごほうびで当たったものです。

長女は、「今日のできた」のデコレーションとマイキャラを可愛くすることが楽しみの1つになっています。

 

自分1人でできる

出典:公式HP

出典:公式HP

置き場所さえ決めて、自分で出し入れができるような環境を整えてあげれば、自分の好きな時に、学習することができます。

我が家では、『起きてから朝ごはんまでの時間がすまいるぜみの時間。』

自分のさじ加減でできるのは、3歳の子供によってはとても嬉しいことです。

ただ、もっとやりたいのに30分のタイムアウトを経験して大泣きしてからは、朝の1回でじっくり楽しむようになりました。

 

あーな
自分のやりたいという気持ちをコントロールできるようになったのも、いい勉強になったと思ってます。

 

自分専用のタブレット

パパやママがパソコンで何やら仕事をしているのを見ていた長女。

 

『パソコンは大人しか使えない』『子供はちょっとしか遊ばせてもらえない』という認識を持っていたところに、自分専用のタブレットもらうという衝撃。

 

これはかなりのインパクトになります。

 

到着して初期設定をしている時も、「遅すぎる!そんないじわるしないで」と怒られながらやりました。

充電が待ちきれず、始めてます。

ただ線を引いただけで「○」と表示されて、嬉しそうです。

 

もうすぐ2歳になる妹は触ってはダメと言われているので、なおさら『自分だけが使う物』という鼻高々な気持ちになるようです。

 

2. 親目線での『すまいるぜみ幼児コース』のおすすめポイント

子供自身は今のところ、タブレットで楽しいゲームができると思ってやっています。

それでは、親目線での『すまいるぜみ』おすすめポイントはなんでしょう。

 

ママがいなくても自発的に学習できる

とにかく忙しくて、学習を一緒にみてあげる時間がなかなか取れないというママにはかなりおすすめです。

わたし自身、2人目ができてから、以前のようにじっくり長女の学習を一緒にみてあげることができておらず、どうしようかと悩んでいました。

すまいるぜみの強みは、読み上げ機能で子供1人で学習を完結できるところ。

 

読み上げ機能のいいところ
  • 問題を読み上げてくれるのでひらがなが読めなくてもできる
  • 1人でできるので家事ができる
  • 読み上げ内容がちょっと分からなかったとしても、自分で解決しようとする

1人で学習してるということが自信にもつながってます。

また、一緒にやっているとちょっとした分からないことも、自分で考えずにママに聞けばいいと思ってしまいがち。

すまいるぜみをやっている間は、多少分からないことがあっても、自分で考えて解決しようとします。

この自己解決能力が身につくのも魅力です。

 

補足ポイント

完全任せっぱなしは個人的におすすめしません。

それは、「二択問題で片方が間違いだったから、もう一方が正解だろう」というような、内容を理解していないけど、正解できてしまう問題も中にはあるから。

一緒にできる時はサポートして、できない時はしっかり「今日のできた」でチェック!

 

学習習慣が身につく

到着した翌日から毎朝「今日もタブレットやるの?」と聞くと、「そうだった!忘れてた!」と嬉しそうにタブレットを取りに行っていました。

1週間後には、起きてきたら、トイレ行って、タブレットを出してくるのがルーチンになっています。

 

3歳頃の学習は、ほとんど受動的です。

  • ママがプリントを出してきて一緒にやる
  • ママがドリルやろうかと誘う

 

すまいるぜみのタブレット学習なら、「やりたい」という学習意欲を大事にできます。

 

せっかく意欲を出しても、ママが忙しくてワークブックを一緒にできないというようなことがありません。

 

学習可能時間を設定できる

タブレット学習は、ブルーライトカットのシートを貼っているとしても、3歳くらいの子供が長い時間タブレットで遊んでいるのは、おすすめできません。

  • 眼精疲労
  • 視力低下
  • 中毒性

 

子育てママ
うちの子は、放っておくとずっとやってそうだから怖いなぁ。

 

すまいるぜみは、集中力が続く15分程度を学習時間の目安としています。

そのため、タブレットの初期設定では、学習時間30分で設定されており、それ以上やろうとすると制限がかかります。

 

うちの長女も、初めはあまりにやりたくて1日に何度も出してきてやろうとしてました。

そんな時に、時間制限がかかっていることを知って、大泣き。

それでも、次回からはちゃんと理解して、1回でしっかり学習するようになりました。

 

子育てママ
うちは朝と夕方に学習させたいと思うんだけど、30分じゃ短いかも…

 

その場合は、学習時間の設定変更が可能です。

 

あーな
お子様の学習習慣に合わせて設定できますよ。

 

学習状況を把握できる

子供が1人でできる反面、学習内容や進捗を把握するのが難しくなります。

詳しい学習内容は、毎回「今日のミッション」という3つの講座が終わると、自動的に「今日のできた」という親に学習内容を確認してもらうような画面になります。

子供の回答や、書き取りで実際に書いた文字もみることができます。

 

すまいるぜみのおすすめポイントは、1人でやったとしても、必ず親に学習結果を見てもらえること。

 

うちも、「ママー、おうちの人と一緒にだってー」と毎回終わったタイミングで呼ばれます。

親にとっても、子供にとっても安心なシステムですよね。

 

出典:公式HP

出典:公式HP

 

この「今日のできた」で、実際に出された問題や、お子様が答えた内容を確認することができます。

 

さらに、「みまもるネット」で進捗状況や学習状況を把握することができます。

パソコンでいちいちチェックするのが面倒でも、スマートフォン用のアプリもあるので便利です。

 

みまもるトークの問題に挑戦!

みまもるトークの問題に挑戦!

JUSTSYSTEMS CORPORATION無料posted withアプリーチ

 

どの科目を、いつ、どれくらいやっているのかが分かります。

個人的に、今月分の講座の今どれくらいまで進捗しているのかがわかる「学習のきろく」が役に立っています。

 

デメリットはあるのか

こんなに子供が楽しく学習できる『すまいるぜみ』にも、デメリットはあるのでしょうか。

うちでは3年こどもちゃれんじ を使ってきたので、他教材との比較でデメリットが見えてきます。

 

デメリット
  1. 講座数が物足りない
  2. 先取り学習ができない
  3. 反復学習に飽きてしまう
  4. 手先を使った学習がない

ひとつひとつ説明します。

 

①講座数が物足りない

学習の記録を見ると、年少1月で全26講座。

「今日のミッション」で1日3講座が基本なので、単純計算で約9日ほどで全講座終わってしまうんです。

 

子育てママ
え?!そんなに少なくてあとの20日はどうするの?

この講座数の設定は、終わった後の繰り返し学習・反復学習も重要視しているから。

同じ分野をもう1度やっても、同じ問題が出てきません。

似たような問題を繰り返すことで、苦手だったり、何回も間違えていた問題もしっかり身に付けられます。

 

②先取り学習ができない

これも1ヶ月分として配信される講座数が決まっているので、どんどん先に進めることができません。

それに対して、例えば『七田式プリント』は、どんどん進められるように、全部のプリントを一度にドーンと届けてくれます。

 

 

 

 

子供のペースに合わせてどんどん進められるので、先取り学習も可能です。

ただ、タブレットで1人で学習している分、あいまいな理解度でどんどん先に進むのは考えもの。

しっかり身に付けて進むからこそ、基礎力ができるとも考えられます。

きちんと小学校に入る前には、ひらがなの読み書き全て終わるペースなので、極端に進度が遅いということはないので、しっかり学習させたいという方にはピッタリです。

 

③反復学習に飽きてしまう

『すまいるぜみ』は、繰り返し学習・反復学習を大事にしていると書きました。

それでも、3歳の子供にとっては、真新しさが重要なので、2回目・3回目になってくると飽きてしまいます。

 

そこでキーになるのが、「今日のできた」とマイキャラです。

「今日のミッション」は後半になって反復学習になっていたとしても、最後にマイキャラで遊んだり、「今日のできた」でデコレーションをして楽しむことで、モチベーションの持続が可能です。

 

あーな
「すまいるぜみ」は特に女の子との相性がいいと考えています。

 

④手先を使った学習がない

こどもちゃれんじでは、シールを貼って図形を学んだり、ハサミとのりを使って工作をしたり、手先を使う学習があります。

 

『手先の器用さは、学習の優秀さに比例する』と言われるほど、手先を使うことは大事とされています。

 

すまいるぜみは、タッチペンや指でタッチしたり、線を書いたりするだけです。

ただ、1日のたった30分程度しかやらない学習なので、それ以外の膨大な時間に手先を使うような遊びができていれば心配はいらないですね。

 

まとめ|すまいるぜみは幼児の学習意欲を大事にできる

すまいるぜみは、タブレット学習に興味がある方が始めるのに、とても優しいシステムと料金です。

特に、小学生コースでは、Z会だと難しすぎて挫折してしまうけど、すまいるぜみなら楽しく学習できるという口コミもあります。

年中・年長コースから始めれば、学習習慣が小さいうちから身について、楽しく『勉強』することが当たり前の環境作りができそうですね。

 

『すまいるぜみ』子供にとっての5つの魅力
  1. すまいるぜみはゲームだと思い込んでいる
  2. いろんな教科があって楽しい
  3. コレクションカードやマイキャラの着せ替えが楽しい!
  4. 1人でもできる!
  5. 自分専用のタブレットが嬉しい
『すまいるぜみ』親にとっての4つの魅力
  1. ママがいなくても自発的に学習できる
  2. 学習習慣が身につく
  3. 学習可能時間が設定できる
  4. 学習状況を把握できる

 

幼児なので『楽しく・確実に学習できる』というポイントは強みです。

 

わたしの子供の頃は、スーパーファミコンがやっと出てきたくらいのポケベル・ピッチ全盛期。

こんな最新技術や学習分析を反映させたタブレット学習をさせてあげられる時代になっているなら、まずはやらせてみてから娘に合っているかどうかを判断するのもありだと思ってます。

子育てママ
やっぱり実際に使ってみないと分からないことってあるわよね。

わたしは資料請求してから、2週間の全額返金保証システムを念頭に始めました。

今では、2週間以上継続して楽しく学習できています。

 

すまいるぜみをやろうかどうか悩んでいる方の後押しになれば嬉しいです。

 

\資料請求はこちら!/

 

◆3歳からオンライン英会話を始めようか迷っている方へ無料体験レッスンを実施している7社をご紹介しています。

3歳からオンライン英会話を始めよう!無料体験レッスンがある厳選7社

3歳からオンライン英会話を始めよう!無料体験レッスンがある厳選7社

2019年12月4日

 

◆幼児教材といえば『こどもちゃれんじ』。1歳〜3歳までがっつり使った効果をご紹介しています。

【口コミ】こどもちゃれんじを1歳〜3歳まで続けた効果を徹底解説!

【口コミ】こどもちゃれんじを1歳〜3歳まで続けた効果を徹底解説!

2019年12月17日

 

◆幼児向け通信教育ならZ会幼児コースもお試し教材を体験してみました。

Z会の幼児コース!3歳が無料お試し教材でワクワク体験

Z会の幼児コース!3歳が無料お試し教材でワクワク体験

2020年1月21日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です