赤ちゃんの寝かしつけグッズ|実際に使ってよかったアイテム4選

赤ちゃんの寝かしつけで毎日悩んでいませんか?

ママが一生懸命寝かしつけているのに、なかなか泣き止まなくて、こっちが泣きたくなることって、たくさんありますよね。

また、寝る時間がたくさんあることで、いろんな悩みが出てきます。

そこで、我が家が実際に使ってよかった赤ちゃんが寝るときに使うおすすめアイテムを厳選して4点ご紹介します。

 

  1. エイデンアンドアネイのおくるみ
  2. ホッペッタのスリーパー
  3. プーさんメリー
  4. 向き癖防止のドーナツ枕

 

我が家の長女は寝かしつけに1時間も、2時間もかかるような赤ちゃんで、たくさん試行錯誤しました。

その中で、長く使うことになったアイテムだけを厳選しているので、購入の参考になります。

 

こちらの記事はこんな方におすすめです
  • 赤ちゃんの寝かしつけで悩んでいる
  • 赤ちゃんが寝るときのグッズで迷っている
  • 寝かしつけアイテムのレビューをみたい
  • 赤ちゃんの寝かしつけでどんなグッズを使っているか知りたい

 

 

 

1. 赤ちゃんのおすすめ寝かしつけグッズ『おくるみ』

赤ちゃんが寝るときの定番アイテムといえば、「おくるみ」。

赤ちゃんはずっとママのお腹の中で、360度包まれた状態で過ごしてきたので、おくるみで包んであげると安心します。

 

実際に我が家でも、新生児のときはおくるみでいつも包んであげていました。

 

泣いているときに、ただ抱っこしてあげただけじゃ泣き止まないのに、くるんで抱っこすると安心して泣き止みます。

 

子育てママ
そういえば、抱っこじゃ泣き止まないと思ってたけど、くるんでみるといいのか!

 

おすすめはエイデンアンドアネイの『スワドル』

そこでおすすめなのが、エイデンアンドアネイのスワドル。

長女の時に出産祝いでいただいて、大活躍したので次女にも新しいものを用意したくらい、我が家では必須アイテムとなりました。

 

 

 

赤ちゃんの吐き戻しなどで汚れたりするので、洗い替えのために2枚以上のセットがおすすめです。

 

ガーゼなので柔らかく、乾きが早い

エイデンアンドアネイのスワドルは、洗えば洗うほど柔らかくなるモスリンコットンを使っています。

赤ちゃんのデリケートなお肌に刺激が少ないものを使いたいですよね。

そして、薄手なので洗濯してもすぐ乾く!

赤ちゃんのよだれや吐き戻しで、洗濯することが多いですが、無いと困るので、すぐ乾くガーゼのおくるみは重宝します。

 

とにかく万能

スワドルは薄くて大判なので、使い勝手が良いです。

スワドルのいろんな使い方
  • 授乳ケープとして使う
  • 夏の冷え対策
  • ベビーカーの日差しよけ
  • 遊び

 

夏には、冷房での寝冷え対策にベストなアイテム。

そして、夏のベビーカーでのお出かけでは、日差しが強いので、通気性の良いスワドルをかけておいてあげると、快適な日除けにもなります。

スワドルさえあれば、外出時に授乳ケープがなくても、ちょっと結んで首からかければ、授乳ケープに早変わり。

子育てママ
授乳ケープ買おうか悩んでいたけど、買わなくて良さそう!

赤ちゃんが起きている時も、広げてフワッと赤ちゃんにゆっくり落としていく遊びが結構喜びます。

 

入眠アイテムに最適

我が家は、4歳になった今でも寝る時にないと号泣するほど、入眠必須アイテムとなっています。

入眠アイテムとなると、旅行先にも持っていかなければならないのですが、このスワドルなら薄くて畳むとかなり小さくなるので、ちょっとした隙間に入ります。

いつものお出かけの時も、バッグに入ってがさばりません。

 

スワドルは種類がたくさん

エイデンアンドアネイのスワドルは、人気なので種類も豊富。

お子様やママの好みに合ったデザインを見つけられますよ。

 

 

 

 

 

2. 赤ちゃんのおすすめ寝かしつけグッズ『スリーパー』

冬生まれだと寝る時に重宝するスリーパー。

赤ちゃんの布団を買うかどうかも迷うところですが、布団を買わなくても、スリーパーは買うという人がいるくらい、スリーパーはもう赤ちゃんにとって定番アイテム。

寒さ対策にもなりますが、寝る時に毎回着せるので、お子様によってはだんだん寝る時にあると安心するアイテムになります。

 

スリーパーのおすすめは6重ガーゼタイプ

スリーパーは、生地やデザインが様々で買う時に迷いますよね。

おすすめは6重ガーゼタイプ。

糸目の違うガーゼが6重にもなっているので、パッとみた感じ薄いですが、空気を多く含んで結構暖かいです。

洗うたびに柔らかくなるので、手触りもどんどん優しくなります。

 

 

定番中の定番はホッペッタのスリーパー。

シャンピニオン柄は人気なので、よくお店でも見かけますよね。

 

仰向け寝のお子様向け

お子様の寝方によって、おすすめのスリーパーも変わります。

生後3ヶ月くらいまではあまり変わりませんが、寝返りができるようになってくると、寝方も様々になってきます。

朝まで比較的仰向けで寝ているというお子様なら、シンプルな肩留めタイプがおすすめ。

 

 

ソレイヤードは、生地がしっかりしていて、丈夫です。

わたしは授乳クッションもソレイヤードを使って、とても使い勝手がよかったので、スリーパーもソレイヤードにしました。

 

我が家のソレイヤードのスリーパーは3年活躍しました。

たくさん洗濯しても、ほつれてこないし、優しい手触り。

 

裏地もしっかりしています。

 

寝返りやうつ伏せ寝になるお子様向け

寝ている時に、よく動くお子様や、うつ伏せ寝になるなど、寝方はお子様によって様々。

スリーパーが寝ている時にはだけてしまいそうなお子様には、股下のところにボタンがついてるタイプがおすすめ。

 

 

サンデシカのスリーパーは、よく寝返りするお子様におすすめです。

こちらも6重ガーゼタイプで、洗えば洗うほど柔らかくなり、個人的にはソレイヤードよりフワフワに感じます。

股下部分にボタンがついているので、寝る時に留めておけば、寝返りしてもはだけることがありません。

 

前にボタンがたくさんついているタイプは、ジッとしててくれない赤ちゃんだと留めるのが大変なので、我が家では買いませんでした。

夜寝る前にスリーパーを着ると、今から寝るんだなという気持ちのスイッチが入ります。

これも、入眠儀式のひとつにして安心できるアイテムになるといいですね。

 

 

3. 赤ちゃんのおすすめ寝かしつけグッズ『メリー』

赤ちゃんのベビーベッドの近くには、よくメリーがありますよね。

ねんねの時期には、だんだんと目で追えるようになってきたり、音楽が流れて赤っちゃんがリラックスできたり、メリーは重宝します。

 

子育てママ
メリーってそんなに必要なのかしら…

なくてもいいんじゃないかと初めは思っていたのですが、あったらあまりの大活躍ぶりにビックリ。

1人目の時に古いメリーだったので壊れてしまい、2人目のときは出産祝いでリクエストするほど、我が家には必須アイテムとなりました。

 

ねんね期以降も使えるメリーがおすすめ

まだ自分では動けないねんね時期に、動くメリーを赤ちゃんが楽しそうに見ている印象が強いですよね。

実はタッチができるくらいまで使えるメリーもあります。

せっかく買うなら、機能が充実していて、長い期間活躍してくれるものがおすすめです。

 

プーさんの6WAYジムにへんしんメリーは胎内音もきける

長い期間大活躍してくれるメリーとしておすすめなのが、『くまのプーさんえらべる回転6WAYジムにへんしんメリー』。

 

 

おすすめポイント5つ
  1. ねんね期・おすわり期・立っち期まで長く使える。
  2. 自分でボタンを押して楽しめる。
  3. 収録されている音楽が豊富。
  4. 胎内音がきける。
  5. ぶら下がっている人形を外して遊べる

よくねんね期の寝ぐずり対策に、胎内音が鳴る人形があります。

なんとこのメリーには音楽の他に、胎内音まで収録されています。

胎内音で安心して眠れるお子様や、泣き止むお子様にはうってつけです。

 

やすらぎメロディとごきげんメロディ合わせて19曲も入ってますし、胎内音と小川のせせらぎ音も入ってるので、この音楽は起きているときも、かなり聴かせていました。

動けるようになってくると、効果音が楽しくて、たくさんボタンを押して遊べるおもちゃにもなります。

 

子育てママ
けっこう長く使えそう!

 

これから寝ようとする時間に、毎回やすらぎメロディを聴かせるルーティンもおすすめです。

 

 

4. 赤ちゃんのおすすめ寝かしつけグッズおまけ編『ドーナツ枕』

寝かしつけ方がやっと定着してくると、今度は寝方によって頭の形が気になってきたりしませんか?

いつも同じ向きで寝てしまう向き癖のあるお子様は多いもの。

そうすると、絶壁になったり、どちらか片側だけ平らになってきたり、心配になりますよね。

あーな
我が家の長女は、いつもやや右向きで寝るので、右後頭部が平らになってきてました。

 

向き癖防止にドーナツ枕

うちで買ったのは、シンプルなドーナツ枕。

すでについた向き癖は治らないものの、斜頭はそれ以上悪化することはなかったので、使って良かったと思っています。

 

 

こういったシンプルなデザインのものは、ちょっと動くと頭から外れてしまうため、よく枕を直していました。

 

おすすめは低反発・向き癖防止のもの

我が家の失敗を踏まえると、低反発で、向き癖も防止する枕を初めから使った方が良かったなと感じます。

 

 

 

低反発で新生児対策の低い枕なら赤ちゃんの首への負担もなく、向き癖自体も防止できて、頭の形を心配することもないです。

 

寝かしつけには関係ないのでおまけ編にしましたが、赤ちゃんが寝る時に役立つグッズだったのでご紹介しました。

 

 

まとめ|赤ちゃんの寝かしつけには安心できるアイテムを

赤ちゃんが寝るには、安心感が必要です。

いつも同じグッズに囲まれていることが、安心感につながるもの。

 

手元にいつも使っているアイテムがあれば、多少環境が変わっても安心して寝てくれます。

そんな赤ちゃんが寝る時に使うおすすめアイテムを4点ご紹介しました。

 

  1. エイデンアンドアネイのスワドル
  2. 6重ガーゼのスリーパー
  3. くまのプーさんのへんしんメリー
  4. 【おまけ】向き癖防止のドーナツ枕

 

子育てママ
出産祝いにもピッタリ!

 

ママが赤ちゃんのことを想って買った睡眠アイテムが、赤ちゃんにとって安心して眠れるグッズになるといいですね。

 

◆0歳から始められるこどもちゃれんじを3年続けた効果をレビューしています。

【口コミ】こどもちゃれんじを1歳〜3歳まで続けた効果を徹底解説!

【口コミ】こどもちゃれんじを1歳〜3歳まで続けた効果を徹底解説!

2019年12月17日

 

◆0歳から英語育児を始めるならディズニー英語システムがおすすめです。

ディズニー英語システムがリニューアル!無料サンプルでわかる教材の良さ

ディズニー英語システムがリニューアル!無料サンプルでわかる教材の良さ

2020年1月5日

 

◆子育てママにおすすめしたい食洗機についてレビューしています。

子育てママ必見!高価でも食洗機をおすすめする3つの理由

子育てママ必見!高価でも食洗機をおすすめする3つの理由

2019年7月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です