4歳児が急にイライラするようになった!悩むママを救う4つの対処法

もうすぐ4歳になる子供が、よくイライラするようになって困っていませんか?

これまでは比較的穏やかな性格だったのに、急に激しい行動や言動をする我が子を見るとビックリしますよね。

それは、ママの愛情不足や環境の変化のせいでもありません。

 

実は、そのイライラこそ子供が成長している証拠なのです。

 

しかし、イライラして物を投げたりした時に、ママとしてもどう対処していいかわかりませんよね。

この記事では、4歳児の特徴と合わせて、実際に効果があった対処法をご紹介します。

今まさに悩んでいるママの気持ちが、この記事を読むことで少しでも前向きになるお手伝いできればうれしいです。

 

あーな
わたしも急に娘のイライラが激しくなって戸惑いましたが、「4歳の壁」を知って救われました。

 

コチラのの記事はこんな方におすすめです
  • もうすぐ4歳で急にイライラが激しくなって戸惑っている
  • これまでは穏やかだったのに言動が激しくなった心配
  • 4歳児の反抗的な態度に疲労困憊

 

1日4時間自分の時間ができた!子育てママにとっておきの時間術

2019年10月11日

なぜ子育てに食洗機が必要なのか!ママに食洗機が必要な3つの理由

2019年7月14日

 

 

1. 4歳児がイライラするのは脳の成長

3歳までは成長が著しく、4歳には多少落ち着くのかなと思っているママも多いのではないでしょうか。

「天使のような4歳児」「3歳児神話」などの言葉があるため、イヤイヤ期も落ち着いてきた時期に、また乗り越える壁があるなんて思いませんよね。

我が家の3歳の長女も、4歳を目前にして急にイライラするようになり、これまでにない激しさに戸惑いました。

果たして、4歳児にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

時系列がわかるようになる

これまでは、時間の感覚がほとんどなかったのに、昨日今日明日などの時系列が理解できるようになります。

そのため、明日の予定を喜んだり、「昨日○○をしたね」などの会話を楽しむことができます。

 

時計を少し読めるようになってくるのも、この時期です。

「短い針が今6のところにあるから6時だね。もう帰る時間だね。」

などの、時間と行動を結びつけてルールを決めることができるようになります。

子育てママ
いつまでも遊びたがるから、時計が使えるのは助かる!

 

ごっこ遊びや空想が大好き

お友達とごっこ遊びをするのが楽しい時期です。

これまでは、ただおままごとをして遊んでいたのが、役割も決めて遊べるようになります。

お医者さんごっこでも、先生と患者さん役に別れて遊んだり、ごっこ遊びがよりリアルなので面白いです。

 

子育てママ
家でお医者さんごっこしてると、何回も患者役と先生役交互にやるから大変!

 

さらに、想像力が豊かになって、空想が盛んになります。

どんどん空想がふくらんで、現実と混同してしまって、ウソでも嬉しそうに話してきます。

 

子育てママ
幼稚園でおやつ何食べたの?と聞いたら、食べてもいないオヤツを嬉しそうに報告してくれて不思議だったな。

 

とにかくおしゃべりになる

お友達との関わりや、保育園や幼稚園の先生との関わりによって、これまで以上に言葉の幅が広がります。

面白がって悪い言葉や汚い言葉を言ったりもします。

自分の思っていることを、自分の言葉でスラスラ言えるので、1人舞台のコンサタートが始まると、永遠に終わりません。

子育てママ
ママや先生の話し方そっくりだから、言葉に気をつけないとマネされてしまうのよね。

 

思いやりの気持ちが芽生える

これまでは、自分の気持ちが1番でしたが、相手を思いやる気持ちが少しづつ表現されてきます。

 

  • 泣いているお友達を心配する
  • ママが病気だと看病する
  • 弟や妹の世話をする

 

今までは、ママがどんなに体調不良でも遊んでとせがまれませんでしたか?

それが嘘のように、具合悪くて寝ていると布団をかけてくれたり、「寝ていれば大丈夫だよ」など優しい言葉をかけてくれるようになるんです。

 

特に、女の子は世話好きなようで、下の兄弟に何かしてあげたがります。

おもちゃを貸してあげたり、言葉を教えてあげたり、お姉さんぶります。

下の子の言葉の発達にとてもいい影響を与えてくれるので、助かります。

その反面、相手が迷惑がっていても無理強いするので、ケンカに発展することも多いです。

あーな
とにかく最近ケンカは多いですね。

 

怖がり屋、寂しがり屋になる

想像力が豊かになる分、怖がりにもなります。

鬼、お化けの類は、めちゃくちゃ怖がります。

我が家の場合は、歯磨きをしないでいつまでも遊んでいると、鬼から電話がきます。(時間のない朝など、ここぞという時だけ使っているおすすめのアプリです。)

 

鬼から電話

鬼から電話

MediaActive Inc.無料posted withアプリーチ

 

子供によっては、怖いものが違って、暗いところや大きい音を怖がったりする子もいます。

 

まだまだ甘えん坊

4歳になって、お友達と活発に遊び、保育園や幼稚園で親から離れている時間も増えてきたとはいえ、まだまだ甘えたい時期です。

甘えてきた時は、素直に受け入れて、ぎゅーっと抱っこしてあげてください。

ママのところで心のパワーを充電したら、また元気に遊べます。

 

あーな
うちの長女は甘え方が下手なので、コチラからどんどんギューッとしにいきます。

ママとしても、抱っこしたり、ギューっとしたりできる期間は本当に短いので、できるうちにたくさんしたいものです。(あれ?わたしだけ?)

 

このように書き出しているのを読んでみると、3歳半くらいまでとは違う我が子の成長ぶりが、より感じるようになっているのではないでしょうか。

 

 

 

2. 4歳児のイライラへの効果的な対処法

4歳児の特徴を知ると、結構成長したんだなぁと感心しますよね。

3歳でも結構お話もできたし、自分の身支度も1人でなんとかできるようになったので、かなりの成長を感じていました。

しかし、3歳から4歳の成長は、内面の変化が大きい分、ママとしてははっきりと認識しづらくて、戸惑いますよね。

子供の気持ちに寄り添いたくても、どういう言葉をかければいいか分からないということも多いです。

一般的な対処法と合わせて、わたし自身が実際に声がけをして効果的だった対処法をご紹介します。

 

対処法1. 子供自身も戸惑っていることを理解する

4歳くらいになって、急に「怒鳴る」「暴言を吐く」などの行動が気になり始めたという方は、少なくないのではないでしょうか。

ママは、我が子の急な激しい変化に戸惑いますよね。

 

あーな
うちの長女も3歳10ヶ月頃から急にイライラが激しくなって、どうすればいいか悩みました。

 

ママは戸惑って、「なんでそんなことをいうの?」「どうしたの?」と聞いても、よく分からない返事しか返ってきません。

なかなかわめき散らすのが落ち着かないので、「いい加減にしなさい!」と怒ってしまうかもしれません。

 

実は、ママが戸惑っている以上に、子供自身も戸惑っています。

 

好きで怒鳴ったり、泣きわめいたりしているわけではありません。

思っているのとは違う現実に戸惑って、感情が爆発し、怒鳴ったり、暴言を吐くことにつながっているんです。

 

感情爆発スイッチが入った思い当たる理由
  • お絵かきをしていて、思うようにうまく描けなかった
  • 工作が思うようにできなかった
  • これから遊ぼうとしてたのに、出かける準備をしなければならなかった

 

4歳になると、自分のしたいことと、現実にやらなければならないことが違う場合、うまく折り合いをつけられるようになってきます。

ただ、急に折り合いをつけられるようになるわけではなく、少しづつ自分の中で葛藤しながら、できるようになるわけです。

 

まずは、子供も戸惑っていることを理解する。

そして、イライラは「成長の証」。

 

これを知っているだけでも、ママの気持ちに余裕ができます。

子育てママ
成長の証だったのか!

 

対処法2. 子供の気持ちに寄り添う声がけ

感情が爆発している子供に何を言っていいか分からない。

激しくイライラをぶつけて、物を投げたり、紙を破ったり手をつけられない。

そんなときどうすればいいのでしょう。

子育てママ
こういう時って何言ってもダメなのよね。

 

なぜイライラしているのかは、だいたい様子を見ていたら見当がつきます。

大半は、「自分の思うように行かなかった」ことが原因です。(状況によって違います)

ただ、感情が爆発している時は、何を言っても効かないので、落ち着くのを少し待ちます。

抱っこや膝の上に乗せるなどができるようであれば、そのようにして落ち着くのを待ちます。

 

落ち着いてきたら、子供の気持ちを代弁する言葉がけをするのが効果的です。

 

例えば、工作をしていて、うまくハサミで切れずにイライラして物を投げたとします。

 

あまり効果のない声がけ
  • なんでそんなことしたの?(責められてるように感じる)
  • 物を投げたら危ないよ(そんなことは知っている)
  • 思うようにうまくいかなかったの?(聞くまでもない)
  • ママと一緒にやってみる?(もうやりたくなり)

優しく言ったとしても、これだとあまり効果はありません。

まだイライラが成長の証だと知らなかったわたしは、実際にこのような声がけをして、全く効果がなく、途方に暮れていました。

 

効果的な声がけ
  • 一生懸命作ってたのにね(子供の立場を考える)
  • 集中してすごいの作ってたね(過程をほめる)
  • ハサミ使うの上手になったけど、ずいぶん難しいのに挑戦してたね(頑張りをほめる)

結果をとやかく言ったり、どうしたいのかを聞いても、あまり響きません。

それよりも、「一生懸命やっていたことをママもちゃんと分かっていたよ。すごいもの作ってたんだよね。」と、子供の気持ちを代弁するような声がけだと効果的です。

 

そこから、前にも作った大作のことを話したり、ハサミを上手に使ったエピソードなどを話すと、気分も変わって話に乗ってきます。

 

声がけのポイントまとめ
  1. 子供の気持ちを代弁する
  2. やっていた過程をほめる
  3. 発展した話題で気分を変える

 

対処法3. ルールを決める、それでダメなら競争する!

うまくいかないことの1つに、「次の行動になかなか移れない」ということがあります。

 

  • 遊んでいたけど、お片づけをしなければならない時間になった。
  • もっと遊びたいけど、お風呂に入らなければならない。
  • もう寝る時間なのに、歯をみがかない。

 

子供は遊ぶのが仕事ですが、やらなければならないこともたくさんありますよね。

イライラの原因として次に多いのが、自分のやりたいことがあるのに、ママに言われてやらなければならないことがある場合です。

 

無理やりやってしまうと、子供としても自分の考えを無視されて、怒ってイライラが募ります。

ママとしても、毎日「歯をみがきなさい!」「まだ着替えてないの!早く着替えて!」と怒るのも疲れますよね。

 

そこでおすすめなのが、生活習慣ルーチンのスタンプラリー表です。

4歳なので、4、5個ほどのルーチンを書き出して、できたらハンコを押したり、シールを貼ったりするルーチン表です。

 

即席で作ったので項目の見直しも必要ですが、一緒に作ると子供のやる気もおきます。

 

子育てママ
こういうの作るの苦手なのよね…

 

作るのが目的ではなく、やることが目的なので、ルーチン表は立派なものでなくていいんです。

我が家では、1ヶ月で定着して、自分から片付けや歯磨きをするようになりました。

できない日もあるし、やる気がない日もあります。

できなかったことに目を向けるのではなく、できた時にめちゃくちゃほめると効果的です。

 

ルーチン表のいいところ
  • 子供にとって自分のやるべきことが分かりやすい
  • ハンコを押したくてやる→慣れてくるとなくてもやる
  • ママがしなさいと言わなくてもいい
  • 出かける時間、寝る時間を意識する

 

定着させるためのポイントがあります。

 

ポイント
  1. 始める時に、子供と一緒にやるべきことを確認する。
  2. 「歯磨きしなさい」ではなく、「次はなんのハンコ押すのかな?」と促す
  3. 夕ごはんなど、比較的簡単に押せるものを「ハンコ押した?」と促す
  4. ハンコが押せたらめちゃくちゃほめる
  5. 自分から率先してやった場合は、いつも以上にほめる

初めはハンコが押したくてやっていたルーチンも、そのうち定着してハンコを押さずとも自分でやれるようになります。

ママとしては、「あれしなさい」「これしなさい」とガミガミ言わずに済むので、気持ちも楽になります。

 

生活習慣だけではなく、公園から帰りたがらない子供に、「時計の針が12のところにきたら帰ろうね」と決めたりするのも、「ルールを決める」です。

 

それでもダメな時ってありますよね。

その時は、「競争する」とびっくりするほどやってくれます。

 

なかなか片付けをしない時は、「じゃあどっちがたくさん片付けられるか競争ね!」。

なかなか歯磨きをしない時は、「洗面所までよーいどんしよう!誰が1番早く歯磨きを始められるかな?!」。

何ごとも楽しそうなことなら、子供は率先してやりたがります。

 

ぜひ、お互いに無理のない程度のルールを決めて、「○○しなさい」というネガティブな言葉を減らして、楽しい雰囲気づくりをしてみてください。

子供自身が考えて行動するチャンスが増えますし、ママ自身も子育てが楽しくなりますよ。

 

 

対処法4. ちゃんと甘えさせてあげる

4歳になると、ママと離れている時間も増えてきます。

保育園や幼稚園に行って、いろんな経験をし、様々な感情に振り回されます。

ママのいないところで、子供は1人で頑張っているのです。

 

帰ってきた時には、たっぷり甘えさせてあげてください。

ママに甘えてパワーが充電できたら、元気に遊べます。

 

子育てママ
うちは幼稚園から帰ってきても、下の子もいてなかなか甘えさせてあげられないな。

 

このように、下に弟や妹がいて、甘える機会が少なくなってしまっているかもしれません。

たまに、下の子を誰かに預けて、上の子と2人きりでお出かけするなどして、思い切り甘えさせてあげる時間を作ってあげるのも大切です。

 

わたし自身も、どうしても下の子のお世話ばかりで、上の子が1人で遊んでいる時間ができてしまいます。

そのため、下の子が昼寝をしている時間など、上の子と2人で遊べる時間は家事を後回しにして、がっつり遊ぶようにしています。

しっかりとママと遊んで、ママパワーを充電できていると、気持ちの地盤ができているので、1人で遊んでいても集中して遊べます。

それでも、うまくできないことがあって癇癪を起こしたら、対処法2でご紹介したような「気持ちに寄り添う声がけ」をしてあげます。

 

 

 

まとめ|4歳児のイライラは成長している証拠

もう自分でできることがたくさん増えて、おしゃべりになって、つい最近まで赤ちゃんだったのが、もう一丁前の子供になるのが4歳児。

それでも、まだまだママには甘えたいし、自分の気持ちを優先したい時期です。

急激に成長する内面の自分と葛藤しながら、一生懸命向き合っている我が子を応援してあげたいですよね。

 

4歳児のイライラ対処法
  1. 子供自身も戸惑っていることを理解する
  2. 子供の気持ちに寄り添う声がけ
  3. ルールを決める
  4. ちゃんと甘えさせてあげる

パッと見ると子供のイライラに関係なさそうな対処法も、子供の心の基盤を作るためには大切なことです。

初めは、急な変化にママ自身も戸惑うものですが、成長の証なのだとわかれば、落ち着いて対応することができます。

4歳児の急変に戸惑って悩んでいるママの気持ちが、少しでも軽くなって、子供と笑顔で過ごせる時間が増えますように。

 

1日4時間自分の時間ができた!子育てママにとっておきの時間術

2019年10月11日

なぜ子育てに食洗機が必要なのか!ママに食洗機が必要な3つの理由

2019年7月14日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です