魚の絵本年齢別おすすめ20選|きんぎょからじんべえざめまで魚好き必見!

魚が出てくる面白くて素敵な絵本を探していませんか?

魚をテーマにした絵本はきれいな海の中を舞台にしていて、子供たちは大好きです。

 

こちらの記事では、

  • 魚が出てくるおすすめ絵本は?
  • 年齢に合った魚の絵本を知りたい

 

こんな疑問にお答えします。

有名な魚の絵本を買ったら、まだ難しくて年齢に合ってなかったなんていう失敗は避けたいところですよね。

そこで、3歳までに1万冊読み聞かせしてきたわたしが年齢別におすすめの魚の絵本をご紹介します。

魚の絵本を読むことで、海や魚の生態に興味を持って、知識がどんどん広がっていきますよ。

 

魚の絵本を読むとどんな効果がある?

海の中はなかなか見ることができない世界なので、子供にとっては未知の世界。

 

子育てママ
海の中の世界ってきれいで、知らないことが多いから興味深いんですよね!

その中でも、魚は種類が多くて、『ファインディング・ニモ』など子供向けの映画でもおなじみだから、魚好きなお子様も多いはず。

 

そこで、今回は魚をテーマにした絵本をご紹介します。

魚の絵本を読み聞かせることで、どんな効果があるでしょうか?

 

魚の種類や特徴を知る

世界中で魚だけで32,000種類(2015年時点)もいて、日本の領域内だけでも4,000種類もいるそうです。

しかも、まだまだ新種が発見されているというのは、ワクワクしますよね。

 

魚によって特徴も違います。

魚の特徴の違い
  • 魚の大きさ
  • 魚の食べているもの
  • 魚の卵
  • 魚が住んでいる場所

違いを知ることで、どんどん知識が広がっていきますね。

 

海洋知識が身につく

魚を知ると、自然と海のことも詳しくなっていきます。

どんな海洋知識が身につく?
  • 深さによって住んでいる魚が違う
  • 海流がある
  • 太平洋、大西洋など世界の海を知る
  • 海の場所、温度によっても魚の種類が違う

 

海のことを知っていくことで、地球温暖化や海のゴミなどにも興味関心が広がるといいですね。

 

弱い魚の生きる知恵から学ぶ

魚の中には、面白い生態の魚がたくさんいます。

魚の面白い生態
  • 周りのものに擬態する
  • 群れて行動する
  • 性転換する
  • 強い魚にくっついている

魚たちが強い魚から身を守ったり、工夫したりする姿を見るのは、とても面白いです。

また、生きていくためには、創意工夫や知恵が必要だということも、魚の絵本を通して学べます。

 

魚のおすすめ絵本|0•1•2歳向け

0•1•2歳では、魚という生き物がいること、魚がどんなものなのか知ってもらうことに重点をおくと絵本が選びやすいです。

 

ちゃぷちゃぷ

 

赤ちゃんの弱い視力でもよく見えるカラフルではっきりしたデザインのSassy(サッシー)のあかちゃんえほんシリーズ。

その中でお魚が出てくる「ちゃぷちゃぷ」は、まだ魚を知らない赤ちゃんでも楽しく読めます。

擬音がたくさん出てくるので、赤ちゃんの目と耳を刺激してくれますよ。

 

おさかなちゃんシリーズ

 

 

ちっちゃなおさかなちゃんシリーズには、いろんな海の生き物が出てきます。

赤ちゃんでも親しみやすいように、

  • たこ→くにゃっぽ
  • くじら→ざんぶー
  • 巻貝→ぐるりんこ

など、魚の名前を知らなくても、音だけで楽しめます。

背景が黒いので、カラフルな海の生き物が引き立って、赤ちゃんが見やすい絵本です。

 

ノンタンおよぐのだいすき

 

大ベストセラーのノンタンシリーズでも、人気の高い作品が「およぐのだいすき」です。

カメの赤ちゃんのママを探す中で、様々な海の生き物に出会います。

とってん とってん、

とってん。

ばしゃ ばしゃ。

出典:ノンタンおよぐのだいすき

ノンタンらしい泳ぐ描写が個人的に大好きです。

大きな魚に食べられそうになって、ハラハラドキドキする展開に、子供たちは何回も読みたくなります。

 

きんぎょがにげた

 

五味太郎さんの有名な「きんぎょがにげた」は、絵の中に紛れている金魚を探す絵本。

絵の中の金魚を見つけて、喜んで指差す我が子に成長を感じる一冊です。

 

 

魚のおすすめ絵本|3•4歳向け

3•4歳になると、お話しも上手になって、魚がどんなものかも分かっています。

魚の種類をどんどん覚えて、大きさや色の違いで魚の名前を得意げに教えてくれるようになります。

 

くじらだ!

 

五味太郎さんの『くじらだ!』は、オチがシュールで面白い作品です。

くじらは哺乳類だから魚じゃない!というツッコミどころは、同じ海の生き物ということでご勘弁ください。

「くじらだ!」と誰かが言った言葉に大人たちが右往左往して探しに行く展開からのオチが大人でも楽しめるので、とってもおすすめです。

「違う見方」「発想の転換」を養えますよ。

 

ねこざかなシリーズ

 

 

 

魚の中に猫が入っていろんな体験をする「ねこざかな」シリーズ。

子育てママ
魚の中に猫が入ってるってどういうこと?!

魚の中に猫?と初めて聞くとびっくりする設定ですよね。

なぜ魚の中に猫が入るような展開なったのかも面白いところですが、シリーズ2冊目以降の猫が魚の中にいる状態が普通になっているところも見ものです。

物語の展開だけではなく、大掛かりなしかけ絵本になっているのも魅力の1つですよ。

 

にじいろのさかな

 

表紙のキラキラひかる鱗が気になる「にじいろのさかな」は、知らない人がいないのではないかというくらい有名な絵本です。

魚たちが羨ましがるほどきれいな鱗をした魚が、友達がいなくなって初めて自分の過ちに気付くおはなしです。

キラキラした鱗が子供心をくすぐって、何回も読んで欲しいと持ってきます。

 

 

 

シリーズ化されているので、気に入ったら他のお話しも楽しめますよ。

 

チリとチリリうみのおはなし

 

女の子ならきっと気に入る「チリとチリリうみのおはなし」。

オカッパ頭のチリとチリリが自転車で海の中をお散歩します。

海の中の喫茶店や、お魚ダンスショーなど、楽しい海の様子と細かい描写でなかなか先に進めないくらい毎回子供が夢中です。

寝る前の読み聞かせにピッタリですよ。

 

 

じんべえざめ

 

ダイナミックなじんべえざめの姿を描いている「じんべえざめ」。

魚類で最大の魚であることが、絵本からでもひしひしと伝わってきます。

 

言葉少なめで、海の中をゆっくり泳いでいるじんべえざめの静かな世界を感じる素敵な1冊です。

 

魚のおすすめ絵本|5•6歳向け

5•6歳になると、作品の意図していることを理解し、知識としての魚を吸収できるようになります。

そんな成長真っ盛りの5•6歳におすすめの作品は2冊です。

 

スイミー

 

お魚の絵本といえば「スイミー」ですね。

1匹だけ黒い色のスイミーが、赤い魚たちを遊びに誘っても、大きな魚が怖いからと言って出てきてもらえません。

そこで、みんなで協力して大きな魚を追い出すために、自分の黒い色を最大限活かす名案が思い浮かびます。

 

1匹だけ他と違うこと、小さな魚たちが協力して敵に立ち向かうストーリー展開は、理解するなら5歳くらいに読むのがおすすめです。

 

とにかくよく考えることから突破口が開くを学べますよ。

レオ・レオニらしい淡くきれいな海の世界も楽しめます。

 

 

同じレオ・レオニの「さかなはさかな」も魚の絵本でおすすめです。

 

海のさかな

 

魚の種類に興味を持ったら「海のさかな」がおすすめです。

薄い絵本でも250種類もの魚が写実的な絵で描かれています。

 

お魚屋さんや水族館でよく見る魚中心なので、普段の生活とリンクして魚を覚えやすい1冊です。

本物の図鑑と違って、持ち運びに便利なのもおすすめポイント。

 

魚のことなら図鑑もおすすめ

より詳しく魚を知りたいなら、やはり図鑑が最強です。

3歳からでも親しめる図鑑をピックアップしてみました。

 

はっけんずかん「うみ」

 

はっけんずかんシリーズは、絵の部分をめくると詳しい情報を知ることができる能動型の図鑑です。

 

これはなんだろう?→めくってみる

じゃぁこっちはなんだろう?→めくってみる

を繰り返すので、「もっと知りたい」という学ぶことの基礎ができるので我が家でも気に入っている図鑑です。

その中に「うみ」があるので、魚をもっと知りたいお子様にピッタリですよ。

 

はじめてのずかんうみのいきもの1000

 

世界12ヵ国で33万部も売り上げた人気シリーズです。

魚のことだけではなく、潜水艦や沈没船の宝のことまで1,000種類の海の中のものが紹介されています。

見ているだけであっという間に時間が過ぎてしまいますよ。

 

学研のLIVE図鑑「魚」

 

3歳からでも楽しめる本物の図鑑なら「学研LIVE図鑑」です。

DVDがついているので、映像でも学ぶことができます。

情報量が多いことも大事ですが、写真や映像など本物を知るということも知識としては大事ですね。

図鑑から学んだことを実際の海や水族館などで体験できるとさらに知識が定着しますね。

 

まとめ|魚の絵本から知識の海が広がる

幼い子供が魚の絵本を読むことで、魚が好きになったら、どんどん知識が広がって海のこと、地球のことまで学べるようになります。

そんな先のことはまだ考えてないとしても、魚は食卓に出てくるし、魚屋さんや水族館で実際に見る機会が多いものです。

 

今回は、年齢別におすすめの魚の絵本を20冊ご紹介しました。

魚の絵本を通して、子供の「もっと知りたい」を応援してあげられるなら、たくさん読んであげたいですね。

 

◆質の高い絵本をたくさん読み聞かせるならくもんの推薦図書がおすすめです。

くもんの推薦図書で絵本選びに迷わない!2020年新たに選ばれた絵本8冊

くもんの推薦図書で絵本選びに迷わない!2020年新たに選ばれた絵本8冊

2020年5月13日

 

◆絵本の定期購読を13社まとめました。我が家は結局コスパのいい「こどものとも」「かがくのとも」を購読しています。

子供向け絵本の定期購読13選!「こどものとも」が価格と質ともに満点

子供向け絵本の定期購読13選!「こどものとも」が価格と質ともに満点

2020年4月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です