3歳の絵本あそび!『くれよんのくろくん』の花火をスクラッチアートでやってみたら大好評だった

おでかけが難しいような雨だと、ずっと家にいて、子供は遊びに飽きてしまって、ママも困ることありませんか?

下の子が小さいと、雨の日のおでかけが大変なので、家で楽しい事をしたいけど、なかなか思いつかないものです。

そんな時に、いつも読んでいる絵本の遊びを実際にやってみると、意外に面白いですよ。

3歳のおすすめ絵本でおなじみの『くれよんのくろくん』では、素敵な花火の絵が出てきます。

スクラッチアートの技法で描かれた絵だったので、我が家でも実際にやってみたら、思いのほか楽しい時間になりました。

そんなスクラッチアートのやり方や体験して分かったポイントをご紹介したいと思います。

 

 

 

1. 『くれよんのくろくん』でくろくんが大活躍した方法

3歳頃におすすめの絵本でよく紹介されている『くれよんのくろくん』。

『くれよんのくろくん』シリーズの第1作目の作品です。

読んだ後は、思わずクレヨンでお絵かきがしたくなります。

 

 

多くの方に読まれていると思いますので、みなさん内容をご存知かもしれません。

 

簡単なあらすじ

新しいクレヨンたちが、画用紙を見つけて、色とりどりの絵を描いていたら、くろくんだけ仲間外れにされてしまいます。

元気がないくろくんを励ますシャープペンのお兄さん。

そんなくろくんが活躍できるとっておきの方法を、シャープペンのお兄さんが教えてくれて・・・

 

シャープペンのお兄さんが教えてくれた、くろくんが活躍できるとっておきの方法というのが、いわゆるスクラッチアートだったんです。

 

スクラッチアートとは、アメリカをはじめとする海外で大ブームの新しいお絵描き。
 黒いスクラッチ面を専用ペンで削ると、キラキラ光るホログラムの線や、美しい色の線が出てきます。

参考:スクラッチアートとは/学研

 

最近本屋さんでは、スクラッチアートのコーナーができるほど、人気ですよね。

細いペンで削ると、あら不思議。

キレイな絵ができてしまいます。

 

 

 

めちゃくちゃキレイですよね。

あーな
これはこれでやってみたいなー

 

これを、小さい子供でも楽しくできる方法を、『くれよんのくろくん』では教えてくれているのです。

 

 

 

2. クレヨンでスクラッチアートをやってみる

では早速準備しましょう。

 

準備するもの
  1. 画用紙
  2. クレヨン
  3. 竹串やつまようじなどひっかくもの
  4. 新聞紙
子育てママ
全部家にあるものばかりだから、すぐにでもできそう!

そうなんです。

結構思い立ったらすぐできます。

 

3. 下準備はママと一緒にがんばろう

まずは、黒い面の下に隠れている、カラフルな面から仕上げていきます。

 

ポイント①

クレヨンが画用紙からはみ出したり、削ったカスが大量に出るので、下に新聞紙を敷いておくと、片付けが楽です。

 

手順① 画用紙いっぱいにカラフルな絵を描きます。

全面が、隙間なく塗りつぶされるように描きます。

 

こんな感じで充分です。

ただいろんな色を適当に塗っていくのでもいいですが、結構大変です。

まずは、普通にお絵かきをして、その絵を元に色を塗っていくと、どこに何色を塗ろうかという迷いがなくなって、塗りやすくなります。

 

ポイント②

下の面では、明るい色のクレヨンを使うと、最後の仕上がりがきれいです。

 

 

手順② 全面を上からクレヨンの黒で、黒く塗りつぶします。 

 

子育てママ
すぐ上から重ねて塗って大丈夫なんですね!

 

大丈夫です。

なるべく下のカラフルな面が見えないくらい塗りたいところです。

 

しかし!

やってみると全面をクレヨンで塗るのって、結構大変です。

柔らかめのクレヨンだと、滑らかで塗りやすいので、おすすめです。

 

ポイント③

画用紙が大きすぎると、黒く塗りつぶすのが大変です。

画用紙を半分に切って使うなど、初めは少し小さい紙でやってみるといいと思います。

 

手が汚れても気にしないようでしたら、塗り終わった後に、指でこするとムラがなくなります。

 

 

まだまだ透けて色が見えてますが、これで精いっぱいでした。。

この黒く塗る作業が、1番根気のいる作業でした。

この大変さがあるからこそ、スクラッチしてできたキレイな絵に、すっかり魅了されてしまいます。

 

手順③ 竹串のようなもので、自由に削って、絵を描きます。 

 

細かい線でも、大胆な線でも、とってもキレイに発色して、楽しいです。

『くれよんのくろくん』のように、花火を描くのも、きれいに仕上がります。

 

ママの花火のお手本を見ながら、まずは花火を描いてみる。

 

そのうち、「スクラッチ」が楽しくなってきて、大胆な線をたくさん描いていました。

 

なんだか、ぐしゃぐしゃですが、本人は大満足の笑顔でした。

 

またやりたい!と言って、喜んでいたので、雨の日が続いたらまたやろうかなと思ってます。

 

小さな紙を使って、スクラッチアートでメッセージカードを作っても、素敵ですね。

 

注意点

クレヨンをかなり使う(特に黒)ので、クレヨンがすごく短くなります!!

 

絵本でも、最後に出てくるくろくんは、紙の部分を少し取るくらい短くなってました。

実際は、我が家の場合黒のクレヨンは半分ほどの短さになってしまいました。

 

あーな
それでも、楽しかったからOK!

 

 

 

まとめ|きれいな仕上がりに大人もほっこり

雨の日におでかけができないと、子供たちは室内遊びに飽きてしまって、ママが何か新鮮な遊びを考えなけれならないということになります。

そんな時に思い立ったのが、『くれよんのくろくん』の花火の絵でした。

 

 

実際にやってみると、意外と大変だったり、スクラッチしてるときれいな色が出て楽しかったり。

いつもは味わえないお絵かきに、子供は真剣に楽しそうに取り組んでいました。

ポイントまとめ
  1. テーブルが汚れないよう新聞紙などを敷く。
  2. 下絵は明るい色で塗る。
  3. 画用紙はなるべく小さくする。

 

粘土遊び、絵の具遊び、お菓子作り、色々ありますが、いつもやっていることを違う方法でやってみるのも、刺激になって良い経験になります。

遊びに飽きて困ったときは、ぜひやってみてください。

大人もびっくりするくらい、きれいな絵ができて、楽しいですよー。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です